インドネシア、シナブン山の噴火【更新】

ウェブサイト立ち上げ:

インドネシア・スマトラ島北部に位置するシナブン山が、の午前に噴火。


火山噴火予知研究センターのHPでも情報を更新しています。

火山噴火予知研究センター:Nintendo Switch - ニンテンドースイッチ Nintendo Switch 本体【最終更新日】


ムサシ(MUSASHI) センサーライト シルバー 本体サイズ:幅15.5×奥行11.5×高さ16.9cm 7.5WX2灯LEDセンサーライト

エビス 特注品角度計付G-レベル・建築用 ED-120GCAN

ジャパックス 容量表示入ポリ袋45L 徳用 半透明 50枚×15冊 TC65(炭カル)    650×800mm 同梱・代引不可  送料無料 国内発送★New Balance BB480 おしゃれなデニム素材! STREAMLIGHT(ストリームライト) 88860 ポリタックLED-HP ハイパワーライト (ブラック)[▲][TP] (まとめ)新輝合成 エコペールEM-45本体グレー 00411 1個〔×2セット〕(フタ別売)

Aries x Vault by Vans Tie-Dye Tシャツ

フェニックスコンタクト [MVSTBW2.5/4-ST-5.08BK] プリント基板用コネクタ - MVSTBW 2,5/ 4-ST-5,08 BK ポイント5倍 仮面ライダーゼロワン DXメモリアルプログライズキーセット SIDE 飛電インテリジェンス

山頂火口の溶岩はドーム状に成長し,12 月30 日から南東斜面へ崩落し始め,火砕流となって南東斜面を流れ下った。溶岩ドームは崩落を繰り返しながらも成長し南東斜面の上を伸び,1月下旬には水平距離1km を超す溶岩流となった(Figs. 1 and 2)。溶岩の崩落は一日数十回程度の発生を続けており(Fig. 3),比較的規模の大きな崩壊は1 月7 日,11 日,21 日,2 月1日などに起こった。の崩壊で発生した火砕流の流走距離は4.5km で,山頂から5km 以内の警戒区域に入域していた地域住民16 名が犠牲となった。

ダイワ ウィンターフィッシングシューズ(ラジアル) ブラック DS-2350W-H 28cm

Naturehike テント 3人用 Cloudup3 二重層 超軽量 防風防水 通気性 4シーズン アウトドア 持ち運びやすい キャンピング 防災用 【品質保証書付】 トレーディングカード 1909 T206 Jimmy Sheckard Glove Shows Cubs PSA 5 - EX

マグマの化学組成2013 年から噴火を繰り返しているマグマの組成は,11 月23 日噴火の軽石や1月11日に回収された火山灰中の溶岩片の分析結果によると,9〜10 世紀の噴火と似た角閃石安山岩であり,後者に比べてやや珪酸分に乏しい。今回の噴火だけでも組成にばらつきが認められる。

 東京大学地震研究所では,京都大学防災研究所,同理学研究科や北海道大学理学研究院,および,インドネシア火山地質災害軽減センターと共同して,噴出物や地形の現地調査,火山灰を含む噴出物の分析を,2010 年12 月から実施している。地質調査に基づき,将来の噴火予測に関する噴火シナリオを作成するとともに,噴出物に含まれるマグマ物質の連続観察を続けている。また,京都大学防災研究所と理学研究科では,2010 年の噴火以来,地震とGPS の連続観測をインドネシア火山地質災害防災局と共同して押し進めている。

スワロフスキー若いバレリーナ【並行輸入品】


シナブン火山の発達史

PELICAN ニモ 2410N 青 リコイルLEDライト 2410NBL 作業灯・照明用品・懐中電灯

OBC 単票仕訳伝票(OBCコクヨ 式)A4タテ 4133 1箱(700枚)

ともママ様

FKD Tスロットカッター60×12 ( TC-60X12 ) フクダ精工(株)

EVOSHIELD EVOCHARGE ELBOW GUARD エルボーガード 各色 (WTV6100) (RED(RDADT)) 並行輸

goro's - ゴローズ 上金特大フェザー 現行 革紐二本 一枚板 国産 高級 檜 ひのき まな板 46*26*3cm 【サイズ選択可】

シナブン山の地質図。南東に扇状に広がる赤色部分が,一つ前の噴火(9~10 世紀)の火砕流堆積物。山頂付近には溶岩流(暗赤色)が分布している。

〔選べる体験ギフト〕とっておきの宿 宿泊 テーブル 木製 完成品 ローテーブル 西海岸 レトロ ビンテージ ブルックリン ヴィンテージ

今回の噴火前に作成したイベントツリー。確度の高い噴火シナリオ通りに推移している。

本研究は,地球規模課題対応国際科学技術協力(SATREPS)研究「インドネシア における地震火山の総合防災策」(2008〜2011 年)の一部として開始した。調査は, 京都大学,北海道大学,インドネシア火山地質災害軽減センターと共同で進められて いる。

文献

Icm500blue 1-pint electric ice cream maker

(中田節也・吉本充宏)